ストレスについて学ぼう!

ストレスとは?

ストレスという用語は、もともと物理学の分野で使われていたもので、物体の外側からかけられた圧力によって歪みが生じた状態を言います。ストレスを風船にたとえてみると、風船を指で押さえる力をストレッサーと言い、ストレッサーによって風船が歪んだ状態をストレス反応と言います。医学や心理学の領域では、こころや体にかかる外部からの刺激をストレッサーと言い、ストレッサーに適応しようとして、こころや体に生じたさまざまな反応をストレス反応と言います。

ストレスの種類

本来、ストレスというのは身体に「刺激を与える」という意味なので、「良いストレス」というものもあります。私たちが身近に捉えているのは、「悪いストレス」になります。
「良いストレス」とは、夢や目標、やりがいのある仕事、良い人間関係等、自身を奮い立たせてくれたり、元気付けてくれたり、やる気になる刺激をもたらしてくれるものです。
「悪いストレス」とは、人間関係の不和、疲労、不安等など、自身の身体が苦しくなったり、気持ちが不安定になり、ヤル気をなくすなどの症状が起こるものをいいます。

ストレスの原因

ストレスは大きくわけると2つ。
・身体的ストレス(外的・内的)
・精神的ストレス(社会的・心理的)
があります。

身体的ストレス

  • 外的ストレス
    • 物理的ストレス・・・暑さ、寒さ、高気圧、低気圧、強風、豪雨、雷、雪、紫外線 など
    • 環境的ストレス・・・騒音、照明、ほこり、匂い、蛍光灯、
      パソコン、ゲーム など
    • 肉体的ストレス・・・病気、けが、通勤、長時間勤務、深夜・早朝勤務 など
    • 化学的ストレス・・・空気汚染、食品添加物、お酒、たばこ、
      洗剤の化学物質 など
    • 生物的ストレス・・・細菌、ウィルス、花粉 など
    • 運動関係のストレス・・・運動不足、激しい運動、悪い姿勢 など
    • 食生活のストレス・・・過食・小食・偏食・栄養不足 など

  • 内的ストレス
    • 睡眠関係のストレス・・・睡眠不足、過眠、不規則な睡眠、夢 など
    • 生活関係のストレス・・・不規則な生活、夜更かし など
    • その他・・・第二次性徴、月経・妊娠による身体的変化 など

精神的ストレス

  • 社会的ストレス
    • 仕事関係のストレス・・・就職、昇進、左遷、転勤、単身赴任、転職、失業、ノルマ、退職、残業、夜勤、責任、セクハラ など
    • 学校関係のストレス・・・入学、転校、クラス替え、進学、退学、成績不振、いじめ など
    • 家庭関係のストレス・・・結婚、離婚、引越、育児、子供の反抗期や独立、家庭内暴力、介護、家計、収入、借金 など
    • 人間関係のストレス・・・家族、上司、同僚、部下、取引先、
      友人、恋人、隣人、家庭、嫁姑 など
    • 身体関係のストレス・・・疲労、病気、ケガによる健康喪失、妊娠・出産 など
  • 心理的ストレス
    • 喪失体験・・・愛する家族・友人・恋人・ペットとの離別・死別 など
    • その他・・・家族や友人の病気、家族や社会への怒り、将来の不安、恐怖、失恋、失敗、挫折 など

ストレスが引き起こす主な疾患

  • 神経性胃炎

 人間関係や仕事による精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経のバランスが崩れることで起こる胃炎です。自律神経のバランスが崩れると胃酸が過剰に分泌され、胃がキリキリ痛む、気分がふさぐ、喉がつかえる、胸やけがするなどの症状を引き起こします。

  • 不眠症

 布団に入ってもなかなか眠れない、うなされて途中で何度も目が覚め熟睡できない、目が覚めた後寝付けないことにより、疲労感が残ったり、朝起きれない、起きても気力がでないなど、日常の生活、健康に支障をきたす状 態が続くのが不眠症です。

  • 胃潰瘍

 ストレスによる神経性胃炎などを繰り返すことが原因となって、胃の粘膜や胃壁が部分的に欠損し、さらに進行すると胃壁が貫通する場合もあります。特徴的な症状は、みぞおちの周辺に重苦しい「ズキズキ」とした痛みが 生じます。これは胃に入った食物が潰瘍部分を刺激することにより発生します。他の症状で胃もたれや胸やけを ともないます。

  • うつ病

 うつ病の特徴として、気力の低下、疲れやだるさ、精神的な落ち込み、やる気や興味が湧かないなどです。これらは特別な病気ではないのに発症し、自身の力で回復するのが難しい状態になります。更に細かい症状として、イライラ、疲れがやだるさがひどくなり持続する、食欲不振減退、睡眠障害、動きが鈍ったり、集中力低下など心と身体の両方において症状があらわれます。

  • 自律神経失調症

 精神的に心、身体に不調があらわれる状態であり、ストレス等により自律神経が乱れた時に発症します。症状の 特徴として、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、多汗、しびれ、動悸、めまい、不整脈、不眠などが引き起こされます。また、精神的な症状では、不安、緊張、躁うつなどがあります。

ストレス解消方法

ストレスをそのまま放置していると、身体的あるいは精神的な病気になります。そうなる前に、上手く対処しましょう。
ストレス解消方法で、下記のような方法があります。
是非、お試しください。
1.ゆっくり休息を取る
2.外で気分転換をする
3. 深呼吸で自律神経のバランスを調整する
4.趣味に没頭する
5.メンタルトレーニングをしてみる
6.友人や家族に症状を相談してみる
7.サプリメントを服用してみる




サプリメントについては、 P M I のページをご覧ください。